群馬県とフランスの国際交流「群馬日仏協会」群馬日仏協会お知らせ

第2回文化講演会開催

草場安子 出版記念講演会

 「ナポレオンを愛した女性たち」  

 

この度出版される本の内容他、

ティーパーティーではフランスでの日本大使館マルセイユ総領事夫人として、

また在コンゴ日本大使夫人としての経験をはじめとする様々な体験談もお話頂く予定です。

2012年4月21日[土] 

参加無料(定員40名)

開場■PM1:00 受付■PM1:30 開■AM2:00―3:30講演は終了                 

―サイン会及びティーパーティー- PM3:45~  

前橋テルサ 4階 第3研修室  

前橋市千代田町二丁目5-1  TEL027-231-3211 

※駐車場は、隣接の市営パーク5番街をご利用下さい。講演会時間中は無料となります。

本講演会は、群馬日仏協会会員以外の方の参加も出来ますのでどしどしお申し込み下さい。  

 申し込みは 群馬日仏協会まで電子メールinfo@fj-de-gunma.com

又はFAX 027-221-5909

まで事前にお申し込み下さい。先着順に受け付け致します  

企画担当:学術部会 企画担当責任者:学術部会部会長 瀬下かな子

 

「ナポレオン、愛の書簡集」を上梓して

ナポレオンは誰でも知っている人物である。偉人、英雄と呼んでも異論をはさむ人はいないだろう。 軍人であり、政治家、学術にも秀でた彼は、コルシカの小貴族出身からフランスの皇帝にまで出世した。最後は大西洋のセント・ヘレナに幽閉されたまま、失望のうちに死亡した。 波乱万丈なその生涯に、ジョゼフィーヌとマリー・ルイーズの2人の皇后が大きくかかわっていたのはよく知られているが、そのほかにも婚約者デジレ、そして純愛の恋人、ポーランドの伯爵夫人マリー・ヴァレフスカがいた。  単なる将校から将軍へ、そしてマルセイユからパリへと移動した時代には婚約者デジレ・クラリーがいた。未亡人ジョゼフィーヌの登場で、デジレへの愛を棄て、ナポレオンの境遇は大きく変化する。ジョゼフィーヌの手練手管に翻弄されながらも、軍人として華々しい戦果をあげていく。  パリに戻って、政争の嵐を潜り抜け、また諸外国の干渉を退けて、とうとう皇帝の座についたナポレオンは、その地位がゆえに、最愛の妻ジョゼフィーヌを離婚する。  戦場に赴いたナポレオンを無辜の愛で慰め、男児を与えたポーランドの伯爵夫人マリー。  後継者を得るために、名門ハプスブルグ家の皇女マリー・ルイーズを妻としたナポレオンは、欧州の頂点にたつが、凋落はすでに始まっていた。  電話、ましてやインターネットもない時代、手紙を書くことだけが、離れた人との交流手段であった。私的な手紙には、率直な感情の吐露があり、書き方一つで、愛の駆け引きがある。少しふれただけの情報が、実は大きな歴史の転換だったりする。  パリでみつけた「ナポレオンの愛の書簡集」は、これらの4人の女性にあてたラヴレターだが、読めば読むほど、その裏に隠された歴史の事実、そしてナポレオンの人そのものをみることができる。 これらの女性の人生を翻弄したのはナポレオンではあったが、女性たちは、またナポレオンによって開かれた人生を、それぞれに乗り切っていく。  公式の書簡とは違う、肉声のきこえる恋文をもとに、時代の流れと、人間ナポレオンの素顔を読みとっていきたい。

草場安子(高野安子)略歴

 

 

1945年福岡県に生まれる。 別府大学文学部史学科卒業:フランス革命を学び、卒論は「3部会序説」1971-94年:在日フランス大使館広報部資料室勤務 1994-97年:マルセイユ在住、95-96年エクサンプロヴァンスの政治学院(IEP)に学ぶ 1997年9月―2000年2月:コンゴ民主共和国在住 2004年7月より、嬬恋村在住 著書:「フランス生活事典」(共著、白馬出版)/「大統領ミッテラン」(共訳、読売新聞社) 「プロヴァンス、風のある暮らし」(小沢書店)/「現代フランス情報辞典」(大修館書店) 「コンゴという国」(明石書店)/「ナポレオン、愛の書簡集」(大修館書店) 連載:1992-95年までNHKラジオフランス語講座テキストに「フランスの基礎知識de A à Z」を連載 2004年4月―2005年3月 白水社「ふらんす」に「ことばでみるフランス」を連載 

所属:日仏政治学会、日仏女性学会、一般社団法人群馬日仏協会 2004年、フランス国政府のパルム・アカデミック勲章を受ける

 



3月企画例会 「春の美術と音楽と食巡り」が開催されました。

3月20日[祝]に3月例会が開催され、

群馬県立近代美術館で開催中の企画展「Le Chat Noir 陶酔のパリ・モンマルトル」の展覧会と

美術館やピアノブラザのご協力のもとに開催されたミニコンサート

そして高崎のフレンチレストラン「リラダン」でのランチに

会員26名が参加し、楽しいひと時を過ごしました。

先ずは群馬県立近代美術館

意外と群馬の森には行ったことがあるけど、近代美術館が群馬の森内にあることを

知らない人がいるんですね~。

で、先ずは今回の企画展「Le Chat Noir/ル シャ ノワー」の看板と美術館の外観

フランス国旗がたなびいていました。   

先ずは会場に入る前に、今回の展覧会の担当学芸員の方から簡単な説明を受けて

会場に入りました。

フランスのベルエポックの時代を垣間見ることが出来るリトグラフによるポスターや

影絵の型や絵画が展示され、空間や照明がとてもいい雰囲気でした。

 

 そして、11時30分より福田真顕氏によるミニコンサートが展覧会会場内で開催されました。

今回の曲目は、プレイエルピアノの時代に作曲されたまたは演奏された

サティやラヴェル、ドビュッシーの名曲などが演奏され

福田氏の優雅で自由な演奏スタイルと共にプレイエルピアノの音色が展覧会場に響き渡り

素晴らしい演奏と共に、時代の空気を一層感じられる展覧会を満喫することが出来ました。

 

 

 プレイエルピアノの、ローズウッドをふんだんに使用した美術工芸品としての美しさもまた必見です。

群馬県立近代美術館 企画展:http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/paris.htm

3月25日[日]まで開催していますので、まだ行かれていない方は是非どうぞ!!

 

そして、移動して今回ランチをいただきました、フレンチレストラン「リラダン」へ

今回はいつもリラダンがランチで出しているメニューからFixe(フィクス)をデザートとカフェ付で選択

それにノンアルコールのシャンパーニュ風飲料をセットして頂きました。

 

 一般的に団体でのレストランの食事は、全員同じメニューを頂きますが

フランス人の間では、「全員同じメニューを頂くことは考えられない」と言います。

ということで、今回はあえてリラダンのシェフにお願いして

前菜6種類、メインは肉か魚のお料理から選択、

デザート5種類から皿数限定で出して頂きました。

まずは前菜

お肉のテリーヌ、鴨肉の燻製、鮮魚のマリネ2種、

スモークサーモンのサラダ、あさりのスープの6種類です。

 

 

  

 

  最近フレンチは、見た目ばかりで何を食べているか分からない前菜が多い中

しっかりした食材が美味しく調理されていました。

 

次にメイン

肉料理と魚料理

お肉は豚肉のロッチ(オーブン焼き)のバジル風味のソースにニョッキ・リラダン風?

お魚料理は、鯛とサーモンのパート・フィロの包み焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉も一人前がとても大きくてやわらかくジューシー

魚はサクサクのパートフィロに包まれて魚がフワフワでした。

 

最後にデザート

デザートは5種類から

クレームブリュレ、かぼちゃのフラン、ムースオーショコラ、ブランマンジェ、タルトタタン

 

 

 

 

 

 

 

 最後に会員の多くの方から、日本で食べるフランス料理と言うと、大きなお皿の真ん中に

お料理が上品に少し乗っているイメージだけど

リラダンはフランスの一般的なレストランやブラッスリーで頂くようなお料理で

とてもよかった。ととても好評でした。

(肉や魚の添え物がちょっと少ないのが残念でしたが・・・。)

最後にレストラン内で記念撮影。

おいしいものを頂いた後で皆な満足のワンショットです。

 

フランス料理  リラダン  http://happytown.orahoo.com/lisle-adam/

群馬県高崎市上大類町876-9 ℡:027-325-0020