群馬県とフランスの国際交流「群馬日仏協会」群馬日仏協会お知らせ

国際シンポジウム:国立国会図書館主催のご案内

国際シンポジウム

「日仏交流の過去と現在―国立国会図書館・

フランス国立図書館の所蔵資料から」

 

2014年は、日仏会館創立にはじまる日仏文化協力90周年にあたります。国立国会図書館では、フランス国立図書館との協力協定に基づき、日仏両国の交流史をテーマとした電子展示会「近代日本とフランス―憧れ、出会い、交流」を2014年12月に公開します。これを記念して、フランス国立図書館からヴェロニク・ベランジェ氏をお招きし、国際シンポジウムを開催します。ベランジェ氏は、『酒飯論絵巻』の研究等で知られる日本資料の専門家であり、上記協定に基づいてフランス国立図書館が公開を予定する日仏交流をテーマとした電子展示会の解説の執筆者でもあります。ベランジェ氏による報告のほか、クリストフ・マルケ氏(フランス国立東洋言語文化研究学院教授)、西堀昭氏(横浜国立大学名誉教授)らをパネリストに迎え、三浦信孝氏(中央大学教授)の進行によるパネルディスカッションを行います。

<プログラム>

報告1

日本におけるフランスのイメージの形成―電子展示会「近代日本とフランス―憧れ、出会い、交流」の紹介

渡邊幸秀(国立国会図書館利用者サービス部司書監)

報告2

フランスにおける日本文化受容の一側面―フランス国立図書館の電子展示会プロジェクト

ヴェロニク・ベランジェ氏(フランス国立図書館日本資料担当司書)

<ショートスピーチ>

「日本の近代化とフランスの影響」 三浦信孝氏(中央大学教授)

<パネルディスカッション>

日仏交流の諸相―近代的制度、産業技術と芸術文化を中心に

※同時通訳付(仏⇔日)

日時:2014年 12月11日(木) 15時00分~18時00分 (14:30開場)

会場:国立国会図書館 東京本館 新館 講堂

募集人数:200名(先着順)

参加費無料

申込方法:参加申込みフォームからお申し込みください。

国立国会図書館:http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20141211lecture.html

申込み締切:2014年12月9日(火)17:00(先着順で定員となり次第、受付を終了します。)

お問い合わせ先:国立国会図書館 利用者サービス部サービス企画課展示企画係

電話:03-3506-5260 FAX:03-3580-3559

メールアドレス:tenji-kikaku@ndl.go.jp

チラシダウンロード:国際シンポジウム「日仏交流の過去と現在」

詳細のお問い合わせは直接上記までお願いします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です