群馬県とフランスの国際交流「群馬日仏協会」群馬日仏協会お知らせ

フランスぶらり旅PART2参加者募集開始!!

一般社団法人群馬日仏協会主催

「ヴァン&シュクレ堪能の旅

=アルザス地方とパリ8日間」

 

2012年10月28日[日]~11月4日[日]

■募集定員:12~14名(レンタカー2台分)

■募集締切:8月31日[金] 先着順で受付致します。

■旅行代金:会員 285,000円 (大人お一人様)

非会員 295,000円 (大人お一人様)

 

※空港税諸税・オイルサーチャージは別途必要になります。

※食事は朝食代のみ含まれます。

※一人部屋希望の方は追加代金お一人様当り70,000円(6泊分)追加で承ります

 

状況によって多少の変更がある場合がありますが、随時変更のお知らせを致します。

 ■お申し込み:一般社団法人群馬日仏協会事務局まで

E-mail: info@fj-de-gunma.com  または Fax:027-221-5909 まで

参加者氏名、ご住所、TEL&携帯№を明記してお申し込み下さい。

受付終了後、担当者より後日あらためてご確認のご連絡を致します。

 

 

今回の旅は、フランス東部のアルザス地方とパリの旅です。

 

群馬日仏協会現事務局長が以前7年間住んでいた地方で

その事務局長がこの度では皆様をご案内します。

そこに住んでいた人だから出来る情報で、普通のツアーでは体験出来ない

本当のフランスに出会って下さい。

「まるでそこに住んでいるかのように・・・」が旅のテーマです。

 

 

1日目はパリを経由して夜、アルザス地方最大の都市、ストラスブルグへ直行

現地で一泊目の夜を迎えます。

ストラスブルグは、街全体が世界遺産登録されているとても美しい街です。

ドイツやスイスに隣接するこの地方は、ドイツと文化を共有しながら

フランス全体のベース文化も持ち合わせる、とても魅力的な地方です。

 

 

2日目はフランスとの国境に近い

おとぎの国のように美しいドイツ・ザスバッハヴァルデンへレンタカーで尋ねます。

 

 

翌日3日目は「お菓子の日」

ストラスブルグから南へ、

あの宮崎駿の「ハウルの動く城」のモデルになったと言われる街、コルマールへ。

地元で有名なスウィーツの店や伝統的なアルザス料理を堪能します。

この日はコルマールに宿泊します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目は「ワイン(ヴァン)の日」

ワイン街道の美しい街、アルザスの美味しい白ワインの試飲を楽しみます。

この日もコルマールに宿泊

 

 

5日目はストラスブルグからパリへ

 

 

 

 

6日目、7日目はパリを自由に楽しんで下さい。

美術館に行くもよし、パリのカフェでのんびりパリの空気を満喫するもよし

お洒落なレストランでランチやディナーを楽しむもよしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7日目の夜にパリを出発。翌日11月4日に成田に到着します。

 

こんなイメージで旅をしたいと思います。

普通のツアーよりも、もっと自由に、もっと楽しく!!

※ ツアー内容は現地事情により、多少変更する場合もありますのでご了承下さい。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です