群馬県とフランスの国際交流「群馬日仏協会」群馬日仏協会お知らせ

9月17日[金]群馬産業記技術センターで群馬日仏協会第2回定期総会と講演会&シンポジウムが開催されました。

群馬日仏協会第2回定期総会と講演会&シンポジウム

9月17日[金]群馬産業記技術センターで

群馬日仏協会第2回定期総会と講演会&シンポジウムが開催されました。

 

総会看板

 

 午前11時30分から第2回定期総会が開催されました。

 

総会風景

総会風景

 

昨年、12月5日に発足後まだ1年を経過していませんが、

今後定期総会を9月に開催するため、第2回を9月に開催致しました。

またこの総会後には、当協会副会長で日本ミシュランタイヤの社長である、

デルマス氏が基調講演を行う予定でしたが
緊急な社用の為、急遽社長室長の森田哲史氏により

「ミシュランの視点と群馬」

のテーマのままご講演を頂きました。

昼食は、会員のシェルハヤカワのフレンチ風お弁当とフランス菓子ミヤケのデザート、

ヤクルト販売から提供頂いた飲みものを
頂きながら舌鼓を打ちました。

 

ランチ

ランチ BENTO

 

その後、シンポジウムが行われ当協会副会長の植木氏と当協会評議員の山口 章氏

そして引き続き森田氏に加わって頂き

「群馬の観光と食」

にいて語って頂きました。

 

シンポジウム風景

シンポジウム風景

 

ミシュランガイドからの視点と来年に行われる群馬DCとの関係から
沢山の一般の参加者にも来場頂き成功裏に終了しましたことお知らせ致します。

 
総会後記念写真

総会後記念写真



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です