群馬県とフランスの国際交流「群馬日仏協会」群馬日仏協会お知らせ

第2回通常総会並及び基調講演会&シンポジウムを開催

群馬日仏協会第2回定期総会と講演会&シンポジウム

第2回通常総会並及び基調講演会&シンポジウムを開催

 
群馬日仏協会の第2回通常総会ならびに基調講演会&シンポジウムを
下記のとおり開催いたします。

基調講演会&シンポジウムは一般の方も入場出来ます。

 
開催日時  平成22年9月17日(金)

■第2回 通常総会(会員のみ)   11:30~ (受付開始 10:45~)
■基調講演・シンポジウム 入場無料 14:00~15:30  (一般開場 13:30~)

1部 基調講演(テーマ ミシュランの視点と群馬) 
   

講演者 ベルナール デルマス氏

2部 シンポジウム(テーマ=群馬の観光と食文化) 

   パネラー■森田哲史氏:日本ミシュランタイヤ社長室長(ガイド総責任者)
            ■山口 章氏:群馬県観光国際協会専務理事 
   コーディネーター■植木康夫氏 群馬日仏協会副会長 フレッセイ代表取締役副会長

 

                       主  催  群馬日仏協会 
                       共  催  群馬県
                       会  場  群馬産業技術センター
                       群馬県前橋市亀里町884-1 場X.027-290-3030
 
群馬の観光資源と食文化 その潜在的なポテンシャルには大きな可能性があります。しかしそれを群馬のブランドとして具現化していく過程は まだまだ道半ば、そこで今回、群馬日仏協会では、シンポジウム形式で、日仏という切り口で、観光と食文化という観点から、群馬の明日について考えます 
第1部は、当協会の設立当時から副会長を務める日本ミシュランタイヤ社長、ベルナール デルマス氏の日本語での講演。そして第2部では、観光と食のガイドを今まで数多く手掛けてきた ミシュランガイド総責任者、森田哲 史をはじめ、長年群馬の食と観光に携わってきた県観光国際協会専務理事の山口章氏などの皆さんをパネラーに迎え、当協会副会長で食材のエキスパート、植木康夫氏によるコーディネイトで パネルディスカッシヨンをおこないます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です